HOME 施設紹介らんちゅう・金魚リンク集

らんちゅうの上手な飼い方



 らんちゅうは生き物です。この言葉を認識しましょう。(人間と同じように考えましょう)
 その上、らんちゅうは上品な魚なので、ストレスを感じさせないような飼い方が必要です。

目安となる水槽内のらんちゅうの数
 60リットル(600×300)水槽 当歳魚なら3~4匹、2歳魚なら2~3匹程度

 エアレーションやろ過装置を使って、水槽に酸素を送りましょう。

 魚(当歳、2歳、親)を作り出す時、水槽の中でもできますが、特徴を出すため、たたき池、又は、FRP類の溶液の方が良いでしょう。


餌の与え方
 餌は、朝、午後の2回程度とします。

 時期による餌を与える時の注意
①11月~4月中旬は水温が低い時期。
②5月~6月(梅雨時)の朝・夜の温度差が激しい時期。

らんちゅうは水温が低くなると餌を食べなくなるため、上の2つの時期には餌を与える量に注意しましょう。
餌のやり過ぎによる水質の悪化により、らんちゅうの死因となる内蔵悪化につながります。


おまけ
 らんちゅう運搬時の注意
運搬の時、らんちゅうは疲れて到着します。まずは、魚を休ませるのが大事です。

ビニール袋の水の温度を守り、ビニール袋の水を割り水します。この時、魚を休ませます。約1週間程度とします。

また、夕方に魚が到着したら、夜は温度は下がりますので、ヒーターを使い、温度を一定にしましょう。
餌は1週間から10日程度経過してから、少しずつ与えます。


Copyright(c) 2000-2017 らんちゅう.COM All rights reserved.